Fusion of PMMA and Wood

この時期は、どの家具メーカー様も新作を発表しています。
国内外の数多くのメーカーが、特色のある発表の仕方でアピールしています。

「AD CORE」さんもそのうちの一つです。
今回は、製品の良さをしっかりと伝えたいということで、30人ずつの限られた空間での発表でした。
アクリル樹脂と木の融合ということで、新たな分野への挑戦というこもあり、今までのイメージを一新しておりました。

皆さんも、よく目にする「ポリカーボネート」イスなどでも広く使われています。
このポリカは経年変化で日焼けをしてしまいます。

一方、アクリル樹脂は日焼けしません。
さらには、ポリカより硬度も高く、一般的なイスと同等の硬さを持っています。
そのため、アクリル樹脂は水族館の水槽などにも使われるそうです。

また、透過率も高いので、接合部や細部に至るの仕上げまで、美しく仕上げられています。

クッションもつけられるので、冬でも大丈夫ですね。

お部屋に差し込む光が、お部屋全体を明るく、華やかな雰囲気にしてくれます。

今回は、花弁をイメージしたデザインということで、花の写真が飾られていました。
この写真は、ヨウジヤマモトなど数々のアート写真撮られている、荒川 弘之さんの写真
雰囲気にピッタリでした。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.