Furniture meets architecture

皆さん、自分自身が好むものに法則はありますか?

好きな味、好きな色、好きな人、好きなデザイン

なんとなく、同じようなものを選んでませんか?
好みが同じような人を見つけると嬉しいですよね。

家具の中にも、名作と呼ばれるものには、何かしらの法則があります。

例えば、イームズのプライウッドチェア

きれいな曲線ですよね。
この椅子の制作には、以前ブログで出てきたサーリネンが共同制作で関わっていますください

バルセロナチェア
ミース・ファン・デル・ローエ

Xの形のフレームが画期的ですね。

どちらも建築家が関わっていますが、
建築と家具とは密接な関係にあるのでしょう。

バルセロナチェアにしてみれば、背面から見た図は、正方形のシンプルな美しさで、高さ・奥行とも等しくなっています。

Xの脚も正方形の1辺を半径とする円できれいにおさまります。

計算され尽くしてますね。

先のイームズも、きれいな長方形と円で構成されていて、背もたれ脚などの比率も規則性が見えます。

家具も視点を変えて、建築的な目で見ていくと新たな発見があるかもしれませんね。

でも、デザイナーには聞けませんから、ご自身で確かめるしか…

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.