ダクトレール照明

最近、店舗リノベーションや店舗デザインを住宅に取り入れたりなど

多種多様な空間の作り方があります。

そんな中でも人気なダクトレール照明。

そのダクトレール照明ってなんだ?というところから、

ダクトレール照明の付け方、照明の種類まで幅広くご紹介いたします。

「ダクトレール」とは、バー状に照明器具を取り付ける部品のことです。

別名ライティングレールとも言います。

レールの内側全体に電流が通っていて、レール上のどこの位置でも取り付けが可能です。

もともとダクトレール照明は店舗や美容室などで使われる事が多かったですが、

最近は家庭でも使用する方が増えてきています。

creative design office では店舗系のデザインで使う事が多かったです。

ダクトレールの長さは1m、2m、3mとお部屋に合った長さを選べ、

それだけにとどまらず、ダクトレールはお好みの長さにカットできます。

また、十字型、四角型、L字型、コの字型と置き方のバリエーションはさまざまで

電気の線さえ確保できれば、いろいろな配置でダクトレールを取り付けることが可能になります。

creative design officeではお客様に寄り添ったライティングをご提案する事ができます。

照明について、または、リノベーションについてお悩みの際は是非一度ご相談ください。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.